マタニティーエステの前に知っておきたいこと

ブライダルエステに並んで、最近ではマタニティーエステの人気も高まってきました。妊娠中はいろんなことを禁止されてしまって、緊張からマタニティブルーになる人も少なくありません。

そんなときにお奨めなのがマタニティエステです。妊婦さんもエステを大いに利用すべきです。それはエステにリラクゼーション効果があることからもわかるでしょう。そんなマタニティーエステを受ける前に知っておくと役に立つ情報です。

まずマタニティーエステを受けるのは妊婦さんだけではないことを理解しておきましょう。つまりおなかの赤ちゃんも同伴ということになりますから、体調には十分気を配って受けなければなりません。

人によっても違いますが、一般的に妊娠4ヶ月くらいまではつわりがあったりと何かと不安定な時期にあるはずです。ですから、この時期はリラックスが目的の軽いエステで済ませたほうがいいですね。

妊娠が中期にはいって5ヶ月~7ヶ月くらいになれば、安定期に入りますから、マッサージなどに挑戦してみるとよいでしょう。このころおなかも目立ってきますが、マタニティーエステがあるサロンでは、抱き枕を用意してくれたり、また座ったままで施術を行ってくれるなどの配慮がありますから安心です。

そして8ヶ月以降、この時期は多くの妊婦がむくみや足がつるなどといった問題に悩まされるはずです。このころエステの効果を最大に発揮させることができるといってもよいでしょう。プロの手によってオイルマッサージを行ってくれますから、血行がよくなりむくみが解消されます。その上妊娠後期になってやはり心身の疲れが見られるようになりますから、ストレスを解消するという意味でもエステがとても効果的です。

このように妊婦さんもどんどんマタニティーエステを利用していってもらいたいと思います。妊娠と結婚が重なってしまった場合は、計画的にエステを受ける必要がありますから、おなかの赤ちゃんにも負担がかからないように充分な配慮をしましょう。

Comments are closed.


WP Login